出雲総合地方卸売市場は、昭和55年12月に島根県知事の許可を受け、行政と民間の共同出資による第3セクター市場として開場しましたが、その後、市場を取り巻く諸情勢の変化に対応すべく平成25年7月、完全民営化に移行しました。

沿革
所在地 島根県出雲市高松町570番地
敷地面積 37,290㎡
開設年月日 昭和55年12月22日
取扱品目の部類 青果部、花き部、水産物部
市場流通圏人口 約220,000人(出雲市、雲南市、飯南町)
売買参加者数 443名(平成30年3月末現在)

開設会社

代表取締役社長 佐々木 肇
名称 株式会社 出雲総合卸売市場
TEL(0853)28-1111
代表者 代表取締役社長 佐々木 肇
資本金等 資本金 1億円
その他資本剰余金 4億円
発行済み株式総数 50,000株
 

卸売業者

青果、花卉、水産部 出雲大同青果株式会社
青果部 TEL(0853)28-1112
水産部 TEL(0853)28-1113

関連事業者

16業者 「市場の施設」に掲載