沿革

出雲総合地方卸売市場の歩み

(おいたち)

昭和54年当時、出雲市には青果2市場と水産1市場があり、 いずれも市街地にあって狭隘で業務に支障を生じており、抜本的解決が必要でありました。

そこで、卸売市場の公と民の特徴が両立するよう官民共同出 資による第3セクター方式の株式会社とし、出雲市が55%を出資し、青果2社の統合による出雲大同青果、出雲魚市場、および関連店舗(協同組合組織)で構成する総合卸売市場が昭和55年12月に誕生し、開場しました。

しかし、30余年が経過した今、卸売市場をめぐる情勢の変化の中で、行政主導により完全民営化へ移行する諸手続きを経て平成25年7月、完全民営市場となりました。

昭和54年8月 出雲青果二市場の統合に関する覚書調印
((株)出雲青果市場と(株)出雲中央青果市場)
昭和54年9月 開設会社(株)出雲総合卸売市場設立
昭和55年3月 土地収用法に基づく事業認定
市場用地売買契約書調印
昭和55年4月 出雲総合地方卸売市場起工式
昭和55年9月 出雲大同青果株式会社設立
昭和55年12月 出雲総合地方卸売市場新設工事竣工
(総工費 約16億2千万円)
昭和55年12月 島根県知事より地方卸売市場の開設許可
昭和55年12月 開場(卸売会社)
〈青果・花き部〉出雲大同青果(株)
〈水産物部〉(株)出雲魚市場
昭和60年11月 市場神社(金刀比羅神社)建立
平成19年12月 (株)出雲魚市場が市場から撤退
出雲大同青果(株)が水産物部を引継ぐ
平成25年7月 出雲市が所有株式を出雲大同青果(株)へ譲渡
完全民営化市場に移行
平成25年9月 市場敷地内に太陽光発電所設置
(発電出力 約50kw×2基=100kw)